アクセス解析でサイトの価値向上!おすすめのツールと解析手法を紹介

アクセス解析といえば、とりあえずGoogleアナリティクスを導入すれば良いと考えてませんか?この記事では、サイトに導入する目的からアクセス解析の種類、取得できるデータ、分析方法、無料や有料のアクセス解析ツール、一緒に使用すると有効なツールなど、アクセス解析をするうえで必要な情報を一気に解説します。導入すれば終わりじゃない!初心者はもちろん、経験者も改めて学ぶことで、正しい知識を付けて失敗しないウェブ解析を目指しましょう。

アクセス解析とは

アクセス解析の意味と目的

アクセス解析とは、Webサイトの運営者が閲覧者の環境や特性を調査することをいいます。Webサイトの運営は、検索したユーザーに情報を提供するためや、ネット上から商品を購入してほしいからなど何かしらの目的があると思います。その目的は達成できているのか、どうすればもっと良い結果が得られるのかを把握するために導入するのがアクセス解析なのです。

アクセス解析を行うことによって、客観的データで現状の課題を知り、解決策を考え実行することによって、Web上での活動のPDCAを回していくことができます。

アクセス解析の種類は3つ

アクセス解析でデータを取得する際に使われる手法は3種類に分かれます。Google Analyticsなど有名なアクセス解析ツールで使われている手法はWebビーコン型です。それぞれメリット・デメリットがありますので、ここで解説していきます。

サーバーログ型

サーバーログ型とは、Webサーバーで取得しているログを記録し、データ分析に活用する方法です。サーバーではIPアドレスとアクセスしたページなどの情報を取得し、ログに保存することができるため、そのデータを用いて解析を行います。サイトを直接修正する必要はないですが、取得できる情報が少ないため、細かい分析を行いたい場合は向いていません。

パケットキャプチャ型

ユーザーがサイトを閲覧する際に使用するネットワークの情報を蓄積して分析を行う方法です。通信時の情報を取得するため、Webサーバーに負担が掛からないのが特徴で、大規模サイトなどで導入する際に向いています。解析用のサーバーを設置する必要があるため、その分初期コストがかかってしまうのが難点となります。

Webビーコン型

アクセス解析に最も用いられている方法がWebビーコン型です。サイトのHTMLに専用のタグを設置し、ユーザーがそのタグを読み込むことで情報を収集・分析する方法です。Webサイトにタグを埋め込むだけなので、初期コストや運用コストが圧倒的に安いのが特徴です。ただし、データの正確性はパケットキャプチャ型やサーバーログ型と比べて若干劣ります。

アクセス解析導入のメリット

アクセス解析ツールを導入して分析するメリットは3つあります。

より詳細な効果測定ができる

アクセス解析ツールを入れなくても1日のサイト訪問者数やお問い合わせ数、購入数などのデータを取ることは可能です。しかし、ユーザーがどのようにしてサイトに訪れたのか、お問い合わせや購入に至ったのかを分析することはできません。
アクセス解析ツールではユーザーのサイト内行動やサイトの参照元(リファラー)をデータとして取得するため、Webマーケティングの活動を適切に評価することができます。

閲覧したユーザーの興味関心がわかる

サイト内行動でユーザーの興味関心がわかることもアクセス解析を導入するメリットです。どのページが一番閲覧されているか、よく読まれているコンテンツ(サイト滞在時間が長いページ)はどれか、離脱・直帰してしまっているページはどこかなどをアクセス解析で把握することができます。

例えば、お問い合わせページで一番離脱している場合は、入力フォームの数が多くて、ユーザーが途中で面倒になり離脱している可能性があります。データを用いてユーザーの興味・関心を知ることで、改善するべき課題が見えてくるのです。

閲覧ユーザーの特性がわかる

アクセス解析では、サイトに訪れたユーザーの分析をすることもできます。初めて訪れた人(新規ユーザー)・複数回訪れている人、閲覧している端末、時間帯、曜日、地域などの情報を得ることが可能です。

例えばBtoBの会社が運用しているWebサイトでは、月~金曜日の9:00~18:00の閲覧がほとんどで、既存ユーザーが多いという特徴があります。これは、主に取引先や株主などのステークホルダーに良く検索されていると推測できるので、新規ユーザーを取り込む施策として平日の9:00~18:00間だけ広告を出したり、プレスリリースを出すなどの方針が立てやすくなります。

アクセス解析で取得できるデータ

閲覧ユーザに関するデータ

Webサイトに訪れたユーザーに関する情報を取得できます。主に取得できるデータは以下の通りです。

  • 新規で訪れたユーザーなのか何度か訪れている既存ユーザー
  • ユーザーの年齢層
  • 性別(男・女)
  • どの地域からアクセスしているか
  • アクセス端末(タブレット・PC・モバイル)
  • 使用しているWebブラウザ

このようなデータを確認することによって、Webサイトを誰向けに改善していけば良いか把握することができます。

サイトの流入元に関するデータ

サイト流入元に関するデータは、ユーザーがWebサイトをどのようにして知って訪れているのか把握できるデータとなります。

  • どのメディアから流入したか(検索エンジン・SNS・広告など)
  • どのサイトから流入したか
  • 流入した広告キーワード
  • 流入した検索キーワード
  • 流入したSNS

上記データを確認することで、認知度を高めるためにはどこを強化すれば良いか把握することができます。

サイト内の行動に関するデータ

ユーザーがサイト内でどのような行動をしたのかデータとして残ります。取得できるデータは主に以下となります。

  • ユーザーの行動導線
  • ページ別の閲覧数、滞在時間、離脱率、直帰率など
  • サイトの表示速度
  • サイト内検索の利用状況

このデータを取得することで、ユーザーがどこに興味関心があるのか、どこで飽きているのか把握することが可能です。

サイトの目標に関するデータ

Webサイトに目標を設定している場合は、目標に関するデータも取得できます。目標は複数登録したり、金額を入力することができるため、細分化した目標を立てることが可能です。

  • 目標別の成果
  • 目標までの導線
  • 目標に行く直前にいたページ

目標は別ツールなどでも測定することができると思いますが、どのようにして目標までたどり着いたかを確認することで、より詳細なカスタマージャーニーマップを描くことができるようになります。

アクセス解析の方法

サイトにタグを設置する

アクセス解析ツールを導入してデータを収集したい場合、まず初めにやるのがサイトへのタグ設置です。アクセス解析ツールでサイトを登録したら「タグ」と呼ばれるコードが表示されます。データを取得したいページ全てのhtmlデータにそのコードを貼りつけて、サーバーにアップロードすれば完了です。

WordPressの場合は、「All in one pack SEO」などのプラグインを入れていれば、Google Analyticsの「U-XXXXXX」というIDを入力するだけで設置完了となるのでとても楽です。

現状を把握する

設置して1週間~1か月程度経ったら、溜まったデータを見てみましょう。どのようなユーザーから閲覧されているのか、ユーザーはどこから来ているのか(参照元)、ユーザーが最も見ているページはどこか(行動)、目標を設定している場合は目標までどうやってたどり着いているのか(目標プロセス)など把握することによって、徐々に現状の課題が把握できてきます。

目標を立てる

課題が把握できたら現実的な目標を立てましょう。すでに目標を立てていた場合は、その目標数値が適切であったか評価してみてください。

また、お問い合わせや購入だけが目標になることはありません。ブランド認知を上げたいのであれば新規ユーザー数、コンテンツを読ませたいのであればサイト滞在時間など、お問い合わせに至るきっかけの目標数値も設けることによって、さらに適切な評価を行うことができます。

測定する

目標を立てたら、データを用いて評価を行いましょう。ほとんどの解析ツールではレポート機能がついています。レポートを作成することによって目標の達成度や課題が可視化され、他の人が見ても納得することができるようになります。

改善する

課題が可視化されたら、改善するための方針立てを行います。この時点では、「お問い合わせが少ない」というざっくりとした課題ではなく、「お問い合わせが少ないのはお問い合わせフォームでの離脱率が70%と高いからではないか」など課題が細かく認識できているはずです。

そのため、「入力フォームの数を減らす」や「自動入力機能を搭載する」などの改善策が出てきやすくなります。あとはその改善策を実際に実行していけば、自然とPDCAサイクルを回していくことができます。

アクセス解析におすすめのツール5つ

Google Analytics

Google Analytics1,000万件を超えるWebサイトが導入している最も有名なアクセス解析ツールです。

ユーザー情報、参照元、サイト内の行動、目標管理までデータを網羅的に収集・閲覧することが可能です。ツール内でオリジナルのレポートを作ることができたり、Google Data Studioと連携することによってレポートを自動的に作成することが可能です。1,000万PVまでは無料で使用することができるのも魅力です。

Adobe Analytics

Adobe Analyticsは大規模サイト向けの有料アクセス解析ツールです。Google Analyticsと2強と言われるほど有名です。Google Analyticsとの違いは、アクセス解析だけでなく、マーケティングツールのプラットフォームとして様々な機能を提供していることです。

アクセス解析ツールで正確にデータを把握し、改善でA/Bテストを実施したり、ターゲティングした広告を配信したりすることが可能です。大手メーカーや大手ECサイトで導入している実績があるため、PV数が1,000万PV以上超えるようなサイトを運営することになった場合は検討してみてはいかがでしょうか。

Ptengine

Ptengineヒートマップに特化したアクセス解析ツールです。1ページ目内のどの部分が見られていて、どの部分で離脱しているのか、色によって認識することができるため、Google Analyticsより詳細な分析を行うことができます。また、通常のアクセスツールと同様に目標の設定やセッション数などの分析も行うことが可能です。費用は1ページだけであれば無料、それ以外は月間のPV数に合わせて14,800円~の料金がかかってきます。

User Heat

User HeatもPtengineと同じくヒートマップツールを売りにしているアクセス解析ツールです。こちらは月間30万PVまで無料で使用することが可能です。PtengineよりUI・UXは劣りますが、なるべく安くヒートマップを導入したい場合はこのツールを使ってみることをおすすめします。

忍者アクセス解析

忍者アクセス解析は、無料サイト作成ツール「忍者ホームページ」が運営しているアクセス解析ツールです。サイトにバナーを入れることで無料で使用することができます。バナーの設置が不要な有料版は月額310円と低価格です。忍者アクセス解析は日本の会社が開発しているため、日本人にとってわかりやすい仕様となっています。Google Analyticsはデータが多すぎてわかりにくいという方は忍者アクセス解析を使ってみることをおすすめします。

シビラ

シビラはウェブ解析士協会を運営している会社が提供しているアクセス解析ツールです。忍者アクセス解析よりUIが見やすく、コンサルティングなどのサポートも充実していることが特徴です。30日間は無料で使用することができ、その後はPV数によって料金が異なるとのことです。専門的な知識を持っている人のサポートを得ながら導入したいという方におすすめのツールとなります。

アクセス解析と一緒に使うと有効なツール

様々なタグを一元管理できる「Google Tag Manager」

アクセス解析ツールだけでなく、Google Adwordsなどの広告ツールやSearch ConsoleなどのSEOツールを導入する際、いちいちHTMLにタグを埋め込まないといけません。HTMLを修正する場合は、それなりの知識が必要なので、非エンジニアが気軽にできる作業でもありません。

そこで活躍するのが「Google Tag Manager」です。Google Tag Managerのタグだけ最初に入れておくだけで、Web上でタグの挿入・削除・編集が可能になります。今までサイト制作会社やサイト運用会社にお金を払ってタグを修正していた人は、このツールを入れるだけで費用と工数が大幅に削減されます。

Google Search Console

Google Search Consoleは、Googleが提供している検索エンジン最適化するためのツールです。検索アナリティクスでユーザーがどのキーワードで検索してWebサイトを見つけているか、流入しているか、そのキーワードでの表示順位など検索エンジンからの流入を得るために必要なデータが取得できます。

また、エラーページやルール違反しているページを通知してくれたりするため、サイトの改善に役立てることも可能です。更新したページをGoogle Search Consoleを使って通知することで、検索エンジンに早い段階で認識・評価してもらうことも可能になります。

アクセス解析でビジネスを最適化しよう!

今回はアクセス解析の目的とメリット、おすすめのツール、一緒に使用すると便利なツールを紹介しました。アクセス解析はやり方次第でビジネスを加速させる効果が見込めます。これからWebマーケティングを積極的に行っていきたい人は、是非アクセス解析ツールの導入を検討してみてください。すでに導入済みの方も、機能と使い方を理解して、Webサイトの最適化に励んでみましょう。

           

シェアお願いします!