訪問数とページ毎のCVRをグラフで可視化【Googleアナリティクス】

前回の記事「Googleアナリティクスの機能「ページの価値」を活用して貢献度を見てみよう!」で紹介したのが、Googleアナリティクスのページの価値の機能でした。

「ページの価値」はGoogleアナリティクスに備わっていて管理画面上で見れる機能ですが、今回は更に深掘りした分析を紹介します。
この分析では、ページ貢献度がわかるバブルチャートを作成し、改善するべきページをグラフで可視化します。

具体的には、Googleアナリティクスのセグメント機能を利用して、ページの訪問数と対象ページを経由した際のCVRを算出し、グラフを作成していきます。

アウトプットの例は下記です。

それでは早速見ていきましょう。

ページの訪問数と対象ページを経由した際のCVRを一覧で表示する方法

上記のようなグラフを作成する方法は、下記のステップとなります。

  1. Googleアナリティクスでの下準備[セグメントの作成]
  2. 見たいデータを明確にする[対象ページ・目標・期間]
  3. データをExcelにエクスポートする
  4. Excelデータを加工する
  5. グラフを作成する

それでは早速見ていきましょう。

Googleアナリティクスでの下準備[セグメントの作成]

まずはセグメント機能から新しいセグメントを作成していきます。

新しいセグメント作成をクリック。

目標の名称を確定させ、条件>計測したい目標を選択>[セッションごと]・[≠]・[0]をそれぞれ選択してフィルタを作成します。※目標はGoogleアナリティクスで既に設定されている目標から選択することが可能です。

見たいデータを明確にする[対象ページ・目標・期間]

Googleアナリティクスの行動>サイトコンテンツ>すべてのページを選択します。
すると下記のように、対象ページと先ほど登録した目標の数が2行で並んだ画面が表示されます。

今回は”すべてのページ”と”お問い合わせ”を選択していますが、一部のディレクトリ内での貢献度を知りたい場合などは、すべてのページ側もディレクトリで指定するようにしましょう。

あとは、期間を指定すれば完了です。期間は最低1ヶ月、できればコンバージョン数が50件以上あると良いと思います。

データをExcelにエクスポートする

画面上部から、データをExcelにエクスポートします。

Excelデータを加工する

上記のステップまででGoogleアナリティクスを使った作業は完了です。
ここからは、データをExcelで加工する作業に入っていきます。

先ほどエクスポートしたExcelファイルと開きます。

C列のセグメントで順番を[昇順]に並べ替え、下記の項目を削除します。

更に加工を進めます。訪問数を横に並べ、CVRの項目を作ります。また、列の順番を変更し下記の形まで持っていきましょう。

左からページのURL、対象ページの訪問数、CVR、お問い合わせの訪問数(コンバージョン数)を並べると完成です。

グラフを作成する

さて、最終段階のグラフの作成です。
グラフは、「バブルチャート」を利用します。

あとは自分好みに加工して完成です。完成版は下記です。(上記データとは異なります。)
ページの項目はURL、名称のどちらでも良いと思いますが、下記完成例ではページ名にしました。

コンバージョン数を増やすには?

さて、ここからはバブルチャートで可視化されたデータを元に、コンバージョンを増やす方法を考えていきましょう。
簡単にまとめると、下記画像のように○の円が動くように施策を打つことで、貢献度が高いページの閲覧数を増やしていくことが重要です。

ちなみに、上記は不動産賃貸サイトの実際のデータを元に作成したグラフですが、PCとスマホでも数値に違いがあることわかります。そのため、最低限、PCとスマホでは別々にデータを出すことをおすすめします。

PC:割引キャンペーンページ、特集ページA、行きたいスポット検索の3つのコンテンツをもっと見てもらうことにポテンシャルがあります。

SP:Aboutページ、割引キャンペーンページの2つのコンテンツをもっと見てもらうことにポテンシャルがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?GoogleアナリティクスとExcelを活用すればこのように課題をグラフで可視化することも可能です。
また、データを出したあとはコンバージョン数を増やすために仮説を立てて、施策を打つことが最も重要です。

前回の記事「Googleアナリティクスの機能「ページの価値」を活用して貢献度を見てみよう!」と同様、コンバージョン数を増やすための施策として一度試してみてくださいね。

           

シェアお願いします!